前章の続きです。
残業時間を多い仕事を避けていけば、早く帰る事が出来る仕事が見つかる可能性も高くなります。
ここでは、残業時間が多い仕事を紹介しましょう。

1,IT関係全般・・・
IT関係は激務で知られています。
華やかな業界に見えますが、実際は全く別。
ドロドロした業界です。
辞めていく人が後を絶たない。
人の入れ替わりが非常に激しいです。
2,新しい会社,ベンチャー企業・・・
こういう会社は、当たり前のことですが社員が少ないです。
よって、サボっていたらすぐにばれてしまいます。
3,裁量労働制,年俸制の会社・・・
なんだか聞こえは良いですが、実際は社員をじゃじゃ馬のように働かせるための口実に過ぎません。
私もヒドイ目にあいました。
4,サービス業・・・
常識ですが、サービス業は拘束時間が長いです。
その代わり暇な時間も長い。
『座っているだけ』の時間が長いのも特徴です。
忙しい時間と暇な時間がハッキリ分かれていますが、早く帰れることを期待してはいけません。


定時に帰れ、たくさん給料がもらえて、安定した仕事、など絶対にありません。
どこかの部分で、必ず妥協しなければいけません。
残業しない技術 
高待遇の仕事は競争率も高く、簡単に就けるものではありません。
給料をとるか、早く帰れることをとるか、よく考えて転職活動をしましょう。

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法
inserted by FC2 system