転職先が決まったからといって、今の会社で問題行動を起こすのは避けた方がよいでしょう。
無断欠勤、職務放棄、遅刻、早退、全部慎むべきです。
立つ鳥跡を濁さずという言葉がありますが、まさしくその通り。
辞めることが決まっていても、普段と変わらず、業務に集中しましょう。
これで失敗した人間を何人も知っています。

世の中ってのは以外と狭いもの。
もしかしたら、自分の評判が転職先にも知れ渡ることになるかもしれません。
もし問題行動を起こしていれば?
せっかく決まった内定も取り消しにされるかもしれませんね。
こんな事態にならないためにも、正しい会社の辞め方をお教えしましょう。
転職活動中の方は、きちんと守れているか、チェックしてみて下さい。
・遅くとも一ヶ月前には退職する旨伝えている
・引継ぎは必ずしている
・転職後は、前の会社の上司や同僚に挨拶状を送る。

この3つはしておいた方が良いと思います。

あと、退職時には下記の書類は必ず受け取っておきましょう。
・雇用保険被保険者離職票(離職票)
・雇用保険被保険者証
・厚生年金手帳
・健康保険被保険者資格喪失確認通知書
・源泉徴収票
受け取り忘れがあると、転職活動がスムーズに行かない場合があります。
また、失業保険の受給にも支障がでてしまいます。
誰も教えてくれなかったすっごい得する会社の辞め方 
会社を辞めた後では受け取りづらいと思うので、
やめる前にきちんと確認しておきましょう。

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法
inserted by FC2 system