ココまで営業の魅力をお話してきましたが、何も楽しいことばかりではありません。
営業は非常に難しい仕事です。
ここからは営業の難しさをお話したいと思います。
転職して営業職に就いた場合、
ほとんどの人が新規開拓の仕事をしなければいけません。
ルート営業ができるのは、新卒か、その会社の先輩だけです。
仮に募集広告に『完全ルート営業』と書いてあっても、期待しない方が良い。
いろいろ言い訳されて、しまいに言いくるめられてしまうのがオチです。
全部が全部そのような募集広告ではありませんが、
詐欺まがいの求人広告が多いのも事実。
特に転職の場合は覚悟してかかりましょう。

ここでも述べてる通り(リンク)、
募集広告と実際の業務が全然違っていたなんて、よくある話です。
営業で『完全週休二日制』もありえません。
『ノルマ無し』もありえません。
募集広告に

・完全週休二日制
・ノルマ無し
・完全ルート営業


と書いていても、期待してはいけませんよ。

面接で
『どんな仕事をするのか?』
『何を販売してるのか?』
が聞ければ、実情は大体分かるはずです。
時には本当のことをその場で言ってくれる面接官もいます。
しかし悪質なのが、実際に入社するまで教えない面接官。
お互い時間の無駄ですし、嘘なら嘘、本当なら本当だと早いうちに教えてほしいものです。

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法
inserted by FC2 system