漫画やドラマを見ていればよくでてくる場面ですね。
休日なのに嫌な取引先とゴルフか・・・。
考えるだけでゾッとします。
多分、多くの人は接待するは嫌だと答えると思います。
はい、僕もいやです。
なんで休みの日にまで、嫌いな取引先のご機嫌取りせにゃならんのだ。
誰だってそう思うはずです。
しかし、営業に接待は本当につきものなのでしょうか?

これも会社によるといわなければなりません。
接待が多い会社もあれば多くない会社もあるでしょう。
しかし一般的に言って、それほど多くはないようです。
僕もいろんな会社で営業をしてきましたが、接待をした経験はありません。
最近では経費削減のためか、接待をやめてしまった会社もあるらしい。
銀座の高級クラブでの接待は、バブル時代だけの話だったのでしょうか。

個人的には、歴史のある大きな企業であれば、接待をする機会は多いと思います。
逆に、歴史のない、取引先も少ない会社であれば、接待をする機会はほとんどないでしょう。
どうしても接待をするのが嫌な人は、そういう会社に転職すればいかがでしょうか?
でも、接待って結構『おいしい』らしいですよ。
経費でご飯が食べられるし、普段いけないようなお店にも行かせてもらえます。
顧客と普段できないようなざっくばらんな話ができて、
人脈が広がったという話も聞いたことがあります。
接待で男をあげる人さげる人 
必ずしもデメリットばかりではなさそうです。
考え方一つですね。

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法
inserted by FC2 system