人と話すのがどうしても苦手な人もいるでしょう。
しかし、だからといって営業ができないというわけではありません。
実はかつての私もそうでした。
友達も少なく彼女もいず、人と話す時はいつもおどおどしてる。

内向的な人間の典型でした。
しかし、こんな僕でも営業ができたんです。
ちょうどお笑いブームの頃だったので、
人一倍詳しいお笑いの知識を積極的に出していくことにしました。
そのせいか、話もはずみ、何とか成績をあげることができたんです。
経験上、最初に仕事の話をすると警戒されてしまいます。
ですので、最初は仕事の話なんかせず、世間話からはじめましょう。
話のテーマは誰でも知っている事が良いと思います。
天気の話、スポーツの話、テレビの話などでしょうか。

営業と言っても様々な職種があります。
確かに、人に物を売る仕事はある程度のトークレベルが要求されます。
保険の営業や訪問販売が代表例ですね。
しかし、法人営業の場合であれば、トークレベルはそれほど要求されません。
重要なのが、自社の製品やサービスを正確に伝えられるかどうかです。
そして相手に信頼してもらえること。
この二点が、法人営業の担当者に求められています。
また、法人営業では特に、丁寧に話しかけることと誠実に対応することも求められています。
むしろ、内向的な人の方が向いてるのかもしれません。
「話し方」上達BOOK 
営業をやってみて人と話すのが得意になったという話もよく聞きます。
一度チャレンジしてみる価値はあると思います。いかがでしょうか。

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法
inserted by FC2 system