営業ってどんな仕事か分からない人もいるでしょう。
ある程度イメージはできるでしょうが、具体的に何をしてるのかわからない。
そこで私の経験を元に、どんな仕事かを解説したいと思います。

営業というのは、大きく分けて新規開拓とルート営業の2種類があります。
入社していきなり両方やらされる会社もあれば、新人の頃はルートだけ、
慣れてきたら新規開拓を任されるという会社もあります。
新規開拓ばかり、ルート営業ばかりの会社もあるでしょう。
それは会社によって違います。
何をするかと言えば、新規開拓はその名の通り、新しい取引先を開拓する仕事です。
飛び込み営業をしたりテレアポなんかもします。
断られたり罵られたりは当たり前の世界。
気の弱い人には向いていないかもしれません。
非常にストレスがたまる仕事だと思います。

対してルート営業はというと、既に取引がある会社を回り、注文をとってくる仕事です。
いわゆる御用聞きですね。
新規開拓と同様、客によってはストレスがたまる仕事です。
営業の仕事は土日なんてありません。
客に呼ばれれば土日であっても出向かなければなりません。
しかし、よほど重大な問題でが起きない限り、土日に呼び出されることはほとんどないでしょう。
営業の本を紹介する

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法
inserted by FC2 system