はっきり言って営業は難しい仕事です。
ルート営業ならまだしも、新規開拓は誰でもできる仕事ではありません。
しかしそれだけに見返りも多い。
まず、営業で実績を上げればどこにでも転職することができます。
どこの会社も、できる営業マンは欲しい。
転職活動の時は、
履歴書に具体的な数字を上げればより効果的ですね。
例えば

『月500万円の売り上げ達成』
『月に10件の新規開拓』


など。

仮に満足な成績を上げられなかったとしても、
『営業の経験者』というだけで評価が高くなります。
営業なんてなかなかできる仕事じゃありませんからね。
営業の魅力はそれだけではありません。
営業と言うのは、数字さえあげることができれば何をしても文句を言われません。
漫画喫茶でサボっても、営業車の中で寝ていても何をしてもいいんです。
営業の世界はとにかく数字。
数字を上げた者が一番偉いんです。
そこに年齢は関係ありません。
完全に実力主義・成果主義の世界です。

とは言っても、
仕事中に漫画喫茶でサボってる人が数字を上げたという話は聞きませんが。
新規営業の多くは、給料は固定給+歩合給になっています。
売り上げを上げれば上げるほど給料が多くなるという仕組みです。
これが営業の最大の魅力なんです。
他の職種と違い、大きく稼げる可能性があります。
その代わり、固定給は若干低く設定されています。
営業職で年収1億円プレーヤーになる 
しかし、頑張れば20代で1000万も夢ではありません。

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法
inserted by FC2 system