ここからは主に、先物会社の【闇の部分】についてお話したいと思います。
実際に先物の営業をしていた友人に裏をとっているので真実だと思うのですが、
もし間違っている部分があればどうぞご遠慮なく教えて下さい。
当該部分を訂正させて頂きます。
金融関係に転職したいと考えてか、先物会社に転職してしまう人をよく見ます。
しかし、実態をよく知らないまま入社してしまう、不幸な人が大半でしょう。
新卒者向けの就職セミナーでもみかける光景ですが、
世間知らずの若者が『金融』というだけで先物会社のブースに立ち寄るのを見かけます。

確かに『先物取引』も業種は金融なんですが、銀行や証券と比べて、全く異質の存在です。
それは、本章を読み進めていただければ明らかになるでしょう。
ここでは、先物会社に転職してしまった人の話をします。
もし先物会社への就職を考えている方は、この章を読んでからにして下さいね。


まず面接ですが、先物会社の面接で不採用になることは、よっぽどのことが無い限りありません。
ほぼ100%採用されます。
僕の友人なんか、会社説明会に参加しただけなのに採用にされてしまったから大変驚いたようです。
資料請求しただけなのに、合格通知が返送されるという笑えない話もありました。
なお、先物会社でも『寮』は準備されています。
やっぱり、先物会社に転職する人は、住む場所もままならない人が多いのでしょうか。
給料も、その会社では初任給で25万円だそうです。
次章につづきます。

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法
inserted by FC2 system