転職の理由の大半は『仕事量の割に給料が低い』『休みが無い』等、だと思います。
中には真面目な人もいて、
『キャリアアップできない』『将来の自分が想像できない』を転職理由にあげる人もいますが、
やっぱりどちらが多いといわれれば、給料や待遇になってくるのでしょう。
いえ、それは悪い事では全然ありません。
給料が低い事や休みが無い事は、立派な転職理由だと思います。
しかし問題は、面接の場で正直に言っていいのかどうか?という事です。
果たしてどうなのでしょうか?

この疑問も、人事部の友人に聞いております。
変わりにお答えしましょう。
基本的に、給料や待遇を転職理由にしてはいけないそうです。
転職理由は前向きな理由にして欲しいとの事。
例えば、スキルアップがしたいから、やりたい仕事がさせてもらえそうだから。ですね。
こういう転職理由の方がイメージが良いらしいです。
もちろん全部の面接官がそういうわけではありません。
『本音』を知りたがってる面接官も中にはいるでしょう。
実際私の友人も『我が物顔のオーナー社長に不満を感じたから』を転職理由にしましたが、
結局某有名上場企業に転職が決まりました。
そんな転職理由でよく入社が決まったものだなと感じたのですが、
中には転職者の事情も理解してくれる、心の広い面接官もいるのでしょう。

彼の場合、そういう理解力のある面接官にたまたま当たったんですね。
運が良かったんだと思います。
もちろん彼にはアピールポイントがたくさんあったので、
それも採用の要因になったのだと思います。
要は、転職理由がどうのこうのより、他にアピールできるところがたくさんあれば、
いくら転職理由が悪くてもある程度補えるということなのでしょうか。

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法
inserted by FC2 system