アルバイトなら問題ありませんが、
就職・転職の際は、無職期間が長いとマイナスになってしまいます。
面接の時も、無職期間が長いと絶対につっこまれてしまいます。
では一体どうすればいいのでしょうか?
一生就職できなくなるのでしょうか?
これもたくさん頂く質問ですね。
では、早速回答させて頂きましょう。

まず、ニート,無職期間が6ヶ月までなら問題はないようです。
最近の転職難ですから、転職活動が長引いてしまうのも無理ありません。
面接官も就職難の事情は理解しているでしょうから、正直に話せばわかってくれるでしょう。
問題は、ニート,無職期間が6ヶ月以上の場合です。
どうすればいいのでしょうか?

結論として、若ければある程度はカバーできます。
目安としては25歳前後でしょうか。
・勉強したいことがあった
・旅行をして見聞を広めたかった
・どうしてもやってみたいアルバイトがあった
とにかく、前向きな理由があれば大丈夫のようです。
上の3つは、どれも前向きな理由ですよね。
正直に言えば必ず理解してもらえるので、下手な小細工を使わずに堂々としましょう。
次章に続きます。

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法
inserted by FC2 system