そうこうしているうちに、必ず職場の人間が止めにきます。
止められても怒鳴り続けなければいけまん。
声が枯れてきた?
そんなことではいけませんよ。
カラオケの練習が不十分な証拠です。
騒ぎが収まったあと、今後貴方をいじめる人はいなくなるに違いません。
状況次第では頼りになる男と思ってもらえ、評価も上がるはずです。
但し注意しなければいけないことがあります。

怒鳴る相手は慎重に選ばなければいけません。
みんなから慕われてる人・尊敬されてる人よりかは、
嫌われている人間を選ぶべき。
あと、怒鳴る場所はみんながいる場所でなければいけません。
誰もいないところ、トイレや廊下で怒鳴っても効果半減。
社長や上司がいる場所が理想です。
会社でいじめが行われているという事実も実感してもらえるし、
相手にしてみても社長の前で喧嘩をしかけられるのですから、驚くに違いありません。
あと、この方法は滅多に使ってはいけません。
たまに使うから効果があるのであって、いつも怒鳴っていれば
『また怒鳴ってるわぁ・・・』ぐらいにしかなりませんから。

職場で暴れたからといって退職になることは100%ありません。
ご安心下さい。
減給になることもありません。
もしそのようにされるのでしたら『労働基準監督署に行きます』と一言言ってやりましょう。
その一言で収まりますよ。
原因は普段のいじめにあるのです。
いじめに対して有効な手段をとらなかったことが原因でこのような事態がおきたわけですから、
原因は会社側にある、そう判断されます。
判例を見ても、実際そうなっています。
過去の判例を探す
いじめだけではありません。
過労やストレスに対しても、会社側の責任が大きく問われている時代です。
僕も職場で怒鳴り散らしたことは多々ありますが、処分されたことは一度もありませんでしたよ。

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法
inserted by FC2 system