大学生の時、まさか40手前になってこんな仕事してるなんて思ってなかった。
40歳の頃は、普通の一般企業に勤め、
平凡ながらも明るい家庭を持っていると、こんな想像していたのに。
現実はま逆です。
34までは順風満帆な人生でした。
しかし会社の業績悪化に伴い、あえなくリストラ退社。
それからは転職が決まらず、
タクシードライバー、ホテル、塾講師、建設現場の作業員など、様々な職場を転々とする毎日です。
一体どうすればいいのでしょうか?
私は某有名大学を卒業しています。
何故私だけこんな目にあわなければいけないのでしょうか?

と、こんな質問を頂いてます。
34でリストラ、大変ですね。
まさにこれからっていう時なのに。
同情します。
でも、その年になれば既に分かっていると思うんですが、世の中は何にもしてくれません。
国も自治体も何もしてくれません。
自分の力で生きていかなくてはならない、厳しい世の中です。
力がない者は容赦なく蹴落とされます。
それが貴方の場合、リストラという形になって現れたのでしょう。

リストラを社会のせいにしてはいけません。
貴方の質問には、そのような節がちらほら見えます。
本当に優秀な人間はリストラしません。
何があっても会社に引き留めます。
残念ながら貴方はその対象にはならなかったようですね。
自分に能力がないことがこれで判明したのですから、もう一度再チャレンジしましょう。
初心に戻って、出身大学や今までのキャリアなど忘れて、そう、一からやり直すんです。
では、転職活動頑張って下さい。

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法
inserted by FC2 system