2007年10月1日に『改正雇用対策法』が施行されました。
これにより、企業が労働者を募集・採用する際に年齢制限を設けることが原則として禁止されるようになります。
ハローワークにおける求人だけでなく、民間企業による求人広告や職業紹介においても適用されます。
違反した場合は罰則こそないものの、ハローワークが指導勧告して是正を求めることができます。
高齢フリーターや中高年にに対しての措置だと思うのですが、現実はどうなるのでしょう?
ある転職者は、年齢制限を設けてくれた方が良いと言ってました。
実際に面接に行っても高齢というだけで不採用になるし、
それなら最初から年齢制限があると言ってくれた方がお互いに時間の無駄が省けるのではないかということ。
確かに一理あるかもしれませんね。

実際求人広告を見ても、年齢制限が禁止されたというのにまだ年齢制限を公表している会社が山のようにあります。
まだ法律が認知・理解されていないのでしょう。
改正雇用対策法が本当に雇用機会の均等の為になるのかどうか。
皆さんはどう思いますか?

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法
inserted by FC2 system