この記事を執筆しているのは07年の9月のことです。
07年9月現在、日本はいざなぎ景気に並ぶ戦後最長景気の真っ直中。
今回の景気は

「リストラ景気」
「格差景気」
「小泉景気」


などと言われていますが、
景気は果たして本当に回復しているのでしょうか?
そして、それは転職活動の成功に結びつくのでしょうか?

まず、景気が回復しているのは本当のことです。
嘘ではありません。
僕は仕事柄『四季報』を読むのですが、上場企業の多くは好決算を出しています。
倒産率も減っていますし失業率も改善しています。
株価も基本的には右肩上がりです。
景気の回復が中小企業や一般家庭にまで波及するのはもう少し時間が必要かもしれませんが、
今現在、景気は回復基調にあると言っても間違いではないでしょう。

しかし、だからといって転職がしやすくなるという訳にはなりません。
事態は全く正反対の方向に向かっています。
小泉政権は、労働市場の流動化を進めました。
何を意味するか簡単に言うと
『終身雇用をやめ、首切りをしやすくする』
その代わり『再チャレンジできる社会に』。
この結果、労働市場にはたくさんの転職者が溢れるようになりました。
これからの転職者は、多くのライバルと勝負しなければいけないようになりそうです。
終身雇用は復活しないでしょう。。
また、正社員になれる可能性もどんどん減ってくるに違いありません。
労働者にとって辛い国になっていきそうです。

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法
inserted by FC2 system