『転職ができるのは35歳まで。』
という転職の格言、よく聞きますね。
実際に、ハローワークや各種求人広告を見ても、
年齢制限が35歳までとなっている求人、たくさん見ます。
35歳を過ぎてしまうと応募すらできない場合が多い。
門前払いされてしまいます。
では、35歳を過ぎてしまうと本当に転職できなくなってしまうのでしょうか?
もし今勤めている会社が倒産してしまったら、どうすればよいのでしょうか?

うれしいことに、私はまだ20代なので、
この質問にうまく答えられるかどうかわかりません。
しかし、僕の少ない人生経験から考えると、
この『35歳転職限界説』っていうのは必ずしも正解ではないと思います。
実際に、35歳を越えたおじさんが転職に成功した例を、いくつも知っていますから。
だからと言って喜んではいけません。
お年寄りの貴方が転職できる保証はどこにもないんですから。
もっと踏み込んで言いましょう。

35歳でも40歳でも50歳でも、
転職できる人はできるし、できない人はいつまで経ってもできません。
これが私の答えです。
35年も生きれば、
自分が『できる人間かそうでないか』が分かっていると思います。
40歳からの転職術 
貴方が『できる人間』であればそのまま転職活動すればよいのでしょうが、
『できない人間』はどうすればいいのでしょうか?
その答えは、当ホームページをくまなくみてもらえれば分かると思います。
答えは自ずと分かるでしょう。

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法
inserted by FC2 system